miniDSP 日本唯一の正規販売サイト

マイク比較表

UMIK-1UMIK-2の比較です。
UMIK-1 とUMIK-2 は、どちらもDirac Live®およびREWにてプラグインプレイでご使用いただけます。 具体的には、マイクが接続されていれば、Dirac Live®やREWが起動すると同時にマイクを認識します。
UMIK-1/2とも個々の製品に校正ファイル(0度と90度)が提供されていて両ソフト上で簡単に取り込むことができ、スムーズに音響測定を開始できます。

UMIK-1とUMIK-2の使い方は同じですが、基本性能に違いがあります。
最も大きな違いは、UMIK-1は24bit(PCM)出力であるのに対し、UMIK-2は32bit(Float)出力であることです。結果として、UMIK-2のノイズレベルは12dB以上低くなります。例えば、Dirac Live®の音響測定を行う場合、測定基準信号(スイープ音)を収音する際のSN比が向上し、測定精度が増します。
また、UMIK-1の最大サンプリングレートが48kHzなのに対し、UMIK-2は192kHzまでサポートしていますので、20kHz以上のスーパーオーディオ帯域の測定も可能です。

パソコンとのインターフェースは、UMIK-1、2ともUSB-Cですが、ドライバーソフトが異なります。
UMIK-1はドライバーレスのUSB1.0で動作します。一方、UMIK-2は、USB2.0で動作し、ASIOというプロ向けのローレイテンシードライバーソフト(Windows用、Macは不要)が付属しますので、ASIO対応の豊富な音響ソフトウェアでも使用できます。

マイクカプセルの口径サイズは、UMIK-1は6mm、UMIK-2は12.7mmです。UMIK-2の大口径カプセルは、歪やノイズを低減し、かつ一般的な音響校正器(キャリブレーター)のマイク挿入口径ともマッチしています。

UMIK-1とUMIK-2 はどちらも優れた製品です。一般的なリスニングルームの測定であればUMIK-1、静かなリスニングルームで特にDirac Live®をお使いの場合はUMIK-2がお勧めです。

仕様\製品名UMIK-1UMIK-2
特長コストパフォーマンスに優れ、ドライバー不要ですぐに使える、日常使いの音響測定マイクロフォン32bitADC、1/2インチカプセル、ASIO対応の、ローノイズ特性を誇るハイエンド音響測定マイクロフォン
互換性ソフトウェアREW、Diracに完全互換
一般的な録音ソフトウェア
REW、Diracに完全互換
ASIO対応ソフトウェアにも互換性あり
マイクカプセル6mm 全指向性1/2インチ(12.7mm) 全指向性
ADC,サンプルレート24bit@44.1kHz/48kHz32bit@44.1kHz~192kHz
ノイズレベル-92dBFS(A)@0dB Gain-105dBFS(A)@0dB Gain
最大入力音圧レベル133dBSPL@0dB Gain125dBSPL@0dB Gain
キャリブレーションファイル有り(0度、90度)
音響校正機との接続不可ジャストフィット
USBオーディオUSB1.0USB2.0
USBコネクタUSB Cタイプ
電源LED有り
ドライバー不要Windows用ASIOドライバー付属(UAC2)
USBケーブルマイク側脱着式 1.5mマイク側脱着式 2m
小型マイクスタンド付属
本体サイズ/重量/材質21 x 185 mm / 150 g / アルミニウム
価格(税込)19,800円39,600円